日本犬を飼ってみませんか!

日本で育った純粋な日本犬を飼ってみませんか!

日本には、100種類を超える純粋犬と、たくさんのミックス犬が生活しています。一年間に血統登録される純粋犬は、50万頭を超えていますが、この中で、日本犬の占める割合は、10%強で、5万5千頭ほどです。洋犬種は、人気犬種が次々と変わりますが、日本犬は、国の天然記念物に指定された六犬種だけで、新犬種が発生することはありません。ましてや、外国から新たに入ってくるということもありません。数ある純粋犬種の中で、常に一定の数を維持しているということは、日本犬は飼い易く、根強い人気があるということを物語るものです。言い換えれば、有史以前から日本人に飼われ育まれて、日本の気候風土に適応し、日本人の性格を反映する犬として、代々受け継がれて、性格も姿もあきのこない犬ということなのです。

日本犬の種類

日本犬は、6犬種の犬がいます。この6種類は、大きさで、小型犬(柴犬)、中型犬(紀州犬四国犬、甲斐犬、北海道犬)、大型犬(秋田犬)の3型に分類されています。それぞれ性格や体様に特性があり、毛色も様々な種類があります。

日本犬とのくらし

日本犬は、我国の在来犬種として、古い歴史を有し、狩猟犬として、また家庭犬として飼育されてきました。昭和6年から12年にかけて「日本に特有の畜養動物」として国の天然記念物に指定されています。その起源や形については、縄文時代の遺跡から出土する犬骨や古墳時代の埴輪等からおぼろげには推考できますが、原始的なその形態を損なうことなく、長い時代を経て現在に至りました。この生きた文化遺産ともいえる日本犬の種類は、6犬種が保存され、日本中のあらゆる地域で飼育されるようになり、日本人の生活の中に定着しています。

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 日本犬保存会 All Rights Reserved.